生者のマーチ

午後になって
太陽が濡れた頬を乾かして
静かに燃える日々の頼りない輪郭をなぞった

そこにただ在るだけで
そのまま ぎゅっと引き寄せて
わけもなく抱きしめて
こと切れるまで

モノクロの葬列を見送った町外れの丘からは
鈍色に立ち昇る悲しみが見えたんだ

そばにただ居るだけで
涙がそっと流れ落ちて
祈る前に抱きしめて
朽ち果てるまで

血の味のしない 僕らの魂
手繰り寄せた手が震えていたんだ
寂しくなったよ
愛おしく思ったよ また

そこにただ在るだけで
そのまま ぎゅっと引き寄せて
わけもなく抱きしめて
いつの日か こと切れて
朽ち果てるまで

Seija no March

gogo ni natte
taiyou ga nureta hou wo kawakashite
shizuka ni moeru hibi no tayorinai rinkaku wo nazotta

soko ni tada aru dake de
sono mama gyutto hikiyosete
wake mo naku dakishimete
kotokireru made

MONOKURO no souretsu wo miokutta machihazure no oka kara wa
nibiiro ni tachinoboru kanashimi ga mietanda

soba ni tada iru dake de
namida ga sotto nagareochite
inoru mae ni dakishimete
kuchihateru made

chi no aji no shinai boku-ra no tamashī
taguriyoseta te ga furuete itanda
sabishiku natta yo
itooshiku omotta yo mata

soko ni tada aru dake de
sono mama gyutto hikiyosete
wake mo naku dakishimete
itsu no hi ka kotokirete
kuchihateru made