[romaji at bottom]

はじまりの季節

朝焼けがアパートの
布の目を抉じ開けて燃える
今日が忍び込んで
赤色の笑い声
それでなんとなく助かった

もう余命だって
何十年とはないから
透明になって窓辺に漂う

それでも闇の終わりに
輪郭があったの
頼りなく揺れる身体に
輪郭があったの
その布の目の向こうに光る街が見えた
酷い嵐の朝にも

照明なんて
ここには当らないから
透明になって窓辺に漂う

それでも闇の終わりに
輪郭があったの
頼りなく揺れる身体に
輪郭があったの
その布の目の向こうに光る街が見えた
酷い嵐の朝にも

Hajimari no Kisetsu

asayake ga APAATO no
nuno no me wo kojiakete moeru
kyō ga shinobikonde
akairo no waraigoe
sore de nanto naku tasukatta

mou yomei datte
nanjuu nen to wa nai kara
toumei ni natte madobe ni tadayou

sore de mo yami no owari ni
rinkaku ga atta no
tayorinaku yureru karada ni
rinkaku ga atta no
sono nuno no me no mukou ni hikaru machi ga mieta
hidoi arashi no asa ni mo

shoumei nante
koko ni wa ataranai kara
toumei ni natte madobe ni tadayou

sore de mo yami no owari ni
rinkaku ga atta no
tayorinaku yureru karada ni
rinkaku ga atta no
sono nuno no me no mukou ni hikaru machi ga mieta
hidoi arashi no asa ni mo