[romaji at bottom]

ダンシングガール

靴底 すり減って
縒れるまで彷徨った路地裏
当て所なく蹴飛ばした小石を追って
顔を上げれば
あの娘が笑ったんだ

太陽が眩しくて
あの日のまま 佇んで
誰も彼も消え去ったって
闇も夢も連れ出して
もう どこへでも行ける気分さ

辿れば疲れる言葉たちを
言い値で落として
丸ごと投げ出して
自分なりのスタイルで揺れれば
心が踊ったんだ

ダンシングガール
眩しくて
どうかこのまま 消えないで
覚えたての不器用なステップ
雨も風も振り回して
もう どこへでも行ける気分さ

あの娘が笑ったんだ

太陽が眩しくて
あの日のまま 佇んで
誰も彼も消え去ったって
闇も夢も連れ出して
もう どこへでも行ける気分なんだ

Dancing Girl

kutsuzoko surihette
yoreru made samayotta rojiura
atedo naku ketobashita koishi wo otte
kao wo agere ba
ano ko ga warattanda

taiyou ga mabushikute
ano hi no mama tatazunde
dare mo kare mo kiesattatte
yami mo yume mo tsuredashite
mou doko e de mo yukeru kibun sa

tadore ba tsukareru kotobatachi wo
iine de otoshite
marugoto nagedashite
jibun nari no SUTAIRU de yurere ba
kokoro ga odottanda

DANSHINGU GAARU
mabushiku te
douka kono mama kienaide
oboetate no fukiyou na SUTEPPU
ame mo kaze mo furimawashite
mou doko e de mo yukeru kibun sa

ano ko ga warattanda

taiyou ga mabushikute
ano hi no mama tatazunde
dare mo kare mo kiesattatte
yami mo yume mo tsuredashite
mou doko e de mo yukeru kibun nanda