[romaji at bottom]

ダイアローグ

難しいのは
いつだって承知の上
星もないなら
夜だって闇のままでしょう
ささやかでも 今は弱い光でも
響く速度で 声を聞かせて
届け どこまででも

風が急に乾いて
人々の歩幅が変わって
僕らは衣服を脱いで
ほら 溢れる涙で寒中遊泳
マイペース
君はまだ陸の上で
虚しくなって言葉も出ない
声にならない

難しいのは
いつだって承知の上
星もないなら
夜だって闇のままでしょう
ささやかでも 今は弱い光でも
響く速度で 声を聞かせて
届け どこまででも

水辺に転がる
プラスチック製のボトルを掴んで
飛び立つ 水面が波立つ
胸元まで溢れた水溶液に浮かぶ島なら
心配ごともないだろうか

難しいのは
いつだって承知の上
星もないなら
夜だって闇のままでしょう
ささやかでも 今は弱い光でも
響く速度で 声を聞かせて
届け どこまででも

Dialogue

muzukashii no wa
itsu datte shouchi no ue
hoshi mo nai nara
yoru datte yami no mama deshou
sasayaka demo ima wa yowai hikari demo
hibiku sokudo de koe wo kikasete
todoke doko made demo

kaze ga kyuu ni kawaite
hitobito no hohaba ga kawatte
bokura wa ifuku wo nuide
hora afureru namida de kanchuu yuuei
MAI PE-SU
kimi wa mada riku no ue de
munashiku natte kotoba mo denai
koe ni naranai

muzukashii no wa
itsu datte shouchi no ue
hoshi mo nai nara
yoru datte yami no mama deshou
sasayaka demo ima wa yowai hikari demo
hibiku sokudo de koe wo kikasete
todoke doko made demo

mizube ni korogaru
PURASUCHIKKU sei no BOTORU wo tsukande
tobitatsu minamo ga namidatsu
munamoto made afureta suiyou eki ni ukabu shima nara
shinpai goto mo nai darouka

muzukashii no wa
itsu datte shouchi no ue
hoshi mo nai nara
yoru datte yami no mama deshou
sasayaka demo ima wa yowai hikari demo
hibiku sokudo de koe wo kikasete
todoke doko made demo